日でも値段の差が激しい

- 日でも値段の差が激しい

日でも値段の差が激しい

格安航空券を購入する際には、その値段の変動についてもしっかりと見ておかなくては行けません。
通常料金の航空券と違い、旅行代理店がバラ売りしている格安航空券は旅行代理店各所が自由に価格を決める事ができるので、価格の変動もとても大きいんです。
しかも、それだけでなく格安航空チケットその物が変動しやすいという性質を持っているのです。

格安航空チケットは値段が変わる

旅行業界において、シーズナリティという言葉があり交通機関の中でも特に航空機のチケットと言うのは非常にこのシーズナリティの影響を受けやすいんですね。
なので、料金変動もかなり激しく正直言って一日でも劇的に料金が変わるという場合があるんですね。
主に、変動の理由としてはやはり先ほども言ったとおり旅行や帰省など、長期休暇シーズンであるほど値段は高騰しやすいですし、逆に休日や祝日のない月などは価格が下落しやすいというふうに、航空機の需要によって変動する場合があります。
もう一つは、格安航空チケットの期限によってもやはり値段は変動しますね。

航空チケットを安く手に入れるには

格安航空チケットを、より安く手に入れるためには先ほども言ったとおり旅行シーズンを外した時期に購入する事です。
格安航空チケットは、特に2月、6月、10月前後が値段が下がりやすいです。
逆に、7月から8月、12月から1月、3月、5月などの年末年始、盆、GW、そして学生の長期休暇などが入ってくるシーズンほど値段が跳ね上がります。
特に、年末年始とお盆の時期はシーズナリティの中でもトップクラスの高騰時期だと言えます。

上手に旅行しよう

つまりは、そのシーズンを外した時期が一番旅行に向いているということですね。
観光など、季節限定の物があるところは外して単純にその地域や土地を楽しむという旅行であれば、自分で休暇を取ってからシーズナリティの中でも旅行シーズンを外した時期を狙うと交通費をより安上がりにすることができます。

△PAGE TOP

Copyright © 2016 格安航空券の選び方とは?LCC比較情報サイト All Rights Reserved.