シーズナリティは一律ではない

- シーズナリティは一律ではない

シーズナリティは一律ではない

格安航空券を購入する際に気にしておきたいのが、季節によって価格が変動するというシーズナリティという特徴ですね。
この、シーズナリティという格安航空券の値段変動なのですが、実は全国一律というわけではないんです。
航空会社と違い、旅行代理店は政府の認可がなくても航空券の販売値段を決める事ができるので、旅行代理店によって実は違うんですね。

シーズナリティの変動について

シーズナリティは、旅行代理店によっておよその誤差があるんですね。
値段の変動もそうなのですが、シーズナリティの扱いというのが微妙ですが誤差があるんです。
例えば、A社だと8月10日から値段が上がり始めるというふうな設定がしてあっても、B社は13日からというように数日の値段変動規定が変わって来るということもあるんです。
だから、シーズナリティで値段が上がり始めた旅行代理店があったとしても、他の旅行代理店の格安航空券も同じように値段が上がっているかどうかはわからない、ということなんですね。
旅行代理店については、こちらのページも(https://ja.wikipedia.org/wiki/旅行代理店)ご覧くださいませ。

シーズナリティの変動を利用しよう

だから、上手くタイミングが噛み合えば他の旅行代理店ではもう値段が上がり始めていたけど、別の旅行代理店で格安航空チケットを購入すると、値段の上がり始めの前に購入するという事もできるんですね。
特に、このシーズナリティの中でもオンシーズンに入るか否かという一日で値段が倍近くも変わったりするので、たとえ一日の差であっても侮る事ができないんです。
そのため、旅行代理店を利用する際もどこを利用するのかということを複数検討するのが効率的ですね。

価格競争を利用しよう

旅行代理店も、今は各所での価格競争がとても激しいです。
だからこそ、複数の旅行代理店を並行して検討していくことで大きな値段の差というものを見つけやすいわけですね。
価格競争というのは、利用者側からしても上手に利用すればより自分が得をする事ができる物なので、どんどんそこを利用していきましょう。

Similar Posts:

    None Found

△PAGE TOP

Copyright © 2016 格安航空券の選び方とは?LCC比較情報サイト All Rights Reserved.